シャンゼリゼ大通りの情報
2017? 6? 29?

カテゴリー

文化

ピエール・ベルジェ&イブ・サンローラン財団

ピエール・ベルジェ&イブ・サンローラン財団

ピエール・ベルジェ&イブ・サンローラン財団は2004年3月10日に開館しました。この財団の目的は多様です: イブ・サンローランの40年の作品の保存: 5000の衣装や15000のアクセサリー、スケッチなど。 展示会の開催: ピエール・ベルジェ&イブ・サンローラン財団は美術館・博物館ではありませんが、ファッション、絵画、写真やスケッチの展示会を開催しています。当サイトに過去、現在と将来の展示会についての情報をご覧下さい。 文化と教育の活動の援助: 美術、文学、音楽や演劇を庇護しています。1986年にピエールベルジェが設立したファッションの学校IFM (フランスファッション研究所、フランス語でInstitut Français de la Mode)も指示しています。その上、ピ [...]

オランジュリー美術館

オランジュリー美術館

マリ・オーギュスト・アントワーヌ・ブルジュワ、1848年から1852年までチュイルリー宮殿の建築家で、オランジュリー美術館(フランス語でMusée de l'Orangerie)の建造を担当しました。始めは、その建物はチュイルリー公園のオレンジの木を保護するために建てられました。しかし、1878年から展示会が開催されます。1909年に、オレンジの木は最終的に取り出されます。 オランジュリー美術館の営業は1921年に美術学校(Administration des Beaux-Arts)に与えられました。モネのスイレンは1927年にオランジュリー美術館で備え付けられました。モネ自身はスイレンをフランス国に贈りたかったのです。 1962年に、印象派の作品で構成し [...]

バカラ ギャラリー・美術館

バカラ ギャラリー・美術館

バカラ ギャラリー・美術館は1764年からクリスタル製品を生産する有名の企業のバカラの創作品を展示しています: 特別注文 (国王、皇帝)、グラスセット、アールデコの製品... バカラ ギャラリー・美術館は三つの部屋がついています: 「大きさに魅せられて」 (フランス語でFolie des Grandeurs)、「錬金術」 (フランス語でAlchimie par Gérard Garouste)、「透明の向こうに」 (フランス語でAu delà de la transparence)。 「大きさに魅せられて」の部屋で、 巨大で豪華な製品が展示されています。 「錬金術」の部屋では、ノーハウのレベルが高い作品が出品されています。この部屋は完全にGarouste画家に飾られました。 「透明 [...]

三越エトワール

三越エトワール

創設目的 1992年6月に開館。日本とフランスを中心とするヨーロッパ諸国との文化交流や相互理解の活性を目的に創立。 これまで、日仏文化交流空間として日欧を代表する芸術家による展覧会(平山郁夫展、ブラジリエ展など)を開催して参りました。 建物の由来 1860年代築。凱旋門を取巻く12の歴史的建造物のひとつ。凱旋門広場から放射線状に伸びる12本の通りの基点の間に位置する。ナポレオン3世が、ナポレオン1世の遺志であった凱旋門を建設した後、軍に功績のあった歴史的将軍家を顕彰する基金として売却された土地に建設された館。その由来によ [...]

プティ・パレ

プティ・パレ

昨年12月、パリ市立プティ・パレ美術館は、そんな稀有な美術鑑賞ができる空間として生まれ変わりました。 1900年パリ万博の際、美術展示場として建設されたこの美術館は、建物そのものが装飾美術の粋を集めた芸術作品。 隅々まで在りし日の姿に復元された空間に一歩足を踏み入れれば、 まるで当時のフランス美術界を垣間見るかのような感覚が味わえるはずです。 地下鉄Champs-Elysées-Clemenceau駅、またはConcorde駅下車 Avenue Winston Churchill 7500 [...]

Page 1 of 212»